MENU

プロペシアの個人輸入はたいへん危険

このエントリーをはてなブックマークに追加 
個人輸入で手軽に入手できるプロペシア

インターネットの普及により、個人でも実に簡単に海外のショップから物品を購入できるようになりました。英語が堪能な方はもちろん、英語が苦手な方であっても、海外個人輸入を代行する業者の仲介により、個人輸入を行なうことができます。
薬やサプリメントの輸入代行を専門とする業者もあり、プロペシアの個人輸入も簡単にできるようです。

 

薬品類の個人輸入は非常に危険

しかし、薬やサプリメントの個人輸入は非常に危険です。
相手が個人ユーザー、つまり素人であると考えて、本来あるべきはずの効果が得られない偽物や粗悪品を送ってくる悪徳業者も実際に存在します。
日本国内と同レベルのモラルを海外諸国に求めるのは間違いであるとお考えください。
パッケージはプロペシアのものであっても、中身は全く違う薬であるといったことも珍しくはありません。
その個人輸入の危険性については、厚生労働省でも注意喚起がなされています。

 

個人輸入されているプロペシアについて

プロペシアの主成分であるフィナステリドとは?

プロペシアを服用した際に表れる発毛効果は、「フィナステリド」とよばれる成分によるものです。
そのフィナステリドは、発毛の阻害となる男性ホルモンのはたらきを抑制する効果があり、それによって発毛を促進させる効果を得るわけです。

 

数種類のジェネリック品が出回っている

プロペシアと同じ成分が含有されており、プロペシアよりはるかに安価であるとのうたい文句で、数種類のジェネリック品が販売されています。
「エフペシア」「フィンペシア」「フィナロ」等の商品名で販売されています。
確かにプロペシアと同じくフィナステリドが含まれていますが、その他の含有添加物に違いがあり、服用時の効果が違ったものになってくるようです。

プロペシアの危険な副作用

プロペシアの主な副作用

プロペシアの副作用ですが、最も多いものが性機能障害です。
性欲が減退する、勃起不全、精子の減少などがあげられます。
また、服用の継続によって肝機能障害を起こすこともあります。
特に肝機能が落ちている方はその障害の度合も大きくなるため注意が必要です。

 

女性のプロペシア服用は特に危険

女性のプロペシア服用は危険性が高く、厳禁といってもいいでしょう。
特に妊娠中の女性については、服用はもちろん、錠剤をさわることも厳禁です。
胎児が男児であった場合、その生殖器に異常をきたす可能性が非常に高くなるためです。

 

AGAは自己判断ではなく医療機関で診察してもらうべき

正しい診断と正しい治療が必要

AGAは「プロペシアを服用すれば薄毛が治る」といった簡単なものではありません。薄毛にはさまざまな原因があり、プロペシアが有効なものもあれば、効果がないものもあります。
まずはAGAクリニックで診察と検査を受け、有効な治療を受けることをお勧めします。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加