MENU

ミノキシジルの効果がない!?生え際が悪化する3つの原因とその対策

このエントリーをはてなブックマークに追加 

頭髪の薄さや頭皮などへのAGA治療で、ミノキシジルは高い効果を上げています。

 

日本皮膚科学会がだした男性脱毛症ガイドラインに高い評価のAランクは、ミノキシジルとプロペシアです。

 

そのためミノキシジル配合の育毛剤が人気を得ていますが、生え際には効果がないという声を耳にします。

 

また、ミノキシジル5%の育毛剤を使用しても生え際の悪化が止まらないという声もあります。

 

そんな生え際の悪化には、主に3つの原因が考えられます。

1.男性ホルモンの影響

1つは遺伝による男性ホルモンの影響とです。脱毛症は男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼという変換酵素により、ジヒドロテストステロンに変わることによりおこります。

 

テストステロンの分泌量に個人差はありませんが、5αリダクターゼの分泌量は遺伝の影響をうけます。

 

そのため対策としては、ミノキシジルだけでなくプロペシアを併用することで、悪化を改善することができます。

2.生え際の血行不良

次に前頭部、とくに生え際の頭皮の問題です。前頭部には帽状腱膜という丈夫な皮膚があり、人によりかなり硬くなり重度の血流不足をおこします。

 

この生え際の血流の悪い状況は遺伝と関係があります。

 

対策としては、ミノキシジルのタブレットで体内から硬化を防ぐという方法があります。

3.不規則な生活習慣

さらにもう1つの原因は、生活習慣です。食事、睡眠、ストレス、運動などでの悪い生活習慣は、臓器に栄養分を送る血液の質を低下させてしまいます。

 

いくらミノキシジルの育毛剤を使っても、根本的に意味がありません。規則正しい生活習慣を身につけることが大切です。

 

 

 

ミノキシジル、プロペシアは個人輸入サイトの通販で購入することはできます。しかし副作用の問題があります。

 

また症状は個人個人状況が違うため、最適な治療法などを知るといった意味でも、一度AGA専門の治療院で診察を受けて処方してもらうのが良いでしょう。

 

東京にあるAGAクリニックはこちらを参考にしてください。
薄毛は病院で治療する[東京版]失敗しないAGAクリニックの選び方

このエントリーをはてなブックマークに追加