MENU

AGAの症状や状態は人それぞれ

このエントリーをはてなブックマークに追加 
AGAが起こる原因

AGAは成人男性の脱毛症のことですが、人によっては成人する前から脱毛の症状がみられることもあります。
遺伝や男性ホルモンが原因であるとされていますが、
生活習慣の乱れやストレス過多もその原因となりうるようです。

 

AGAの症状や状態

AGAの進行は大きく分けて2つのパターンがあります。
額の生え際が薄くなって後退していくタイプと、頭頂部が薄くなり、徐々に範囲が広がっていくタイプです。
人によってはその2か所が同時に薄くなっていくこともあります。

AGAの治療方法とは?

AGAはどこで診察を受ければいいのか?

AGAは専門のクリニックで治療を受けるべきです。
皮膚科でも診察してもらえますが、AGAは頭皮の状態をチェックする必要があり、
特殊な診察になるため、専門の医師がいるクリニックでの受診をおすすめします。

 

AGAはどんな治療をするのか?

一般的には内服薬と頭皮に直接塗る外用薬との併用が基本になるようです。
薬は医師の診察により頭皮の状態やAGAの進行度合によって処方されます。

 

AGA治療は症状によって治療方法が変わる

AGAの症状は進行度合によって区分される

AGAは進行度合によって数種類のステージに区分されています。
T型は薄毛が進行しているかどうかわからないレベル、
U型は抜け毛が目立ってきた、薄毛が始まったレベルです。
V型やW型は薄毛がかなり進んだ状態で、X型は頭髪が完全になくなった部分があるレベルです。

 

AGAの状態によって変わる治療方法

1型とU型までは頭皮のケアだけで薄毛の進行を抑えて改善することができます。
V型とW型については、頭皮ケアに加えて内服薬や外用薬の使用が必要になります。
内服薬はプロペシア、外用薬はフィナステリド、ミノキシジルなどを使うことになります。
これらの外用薬は頭皮の血行をよくして発毛を促進させる効果があります。
X型となると発毛が不可能と考えられるため、薬の効果は見込めず、植毛等が必要になります。

 

AGA治療は効果が出るまでどれくらいかかるの?

おおよその目安としては半年間

AGAの治療を始めてから、効果を実感できるまでの期間は人によって違います。
治療開始時の症状や個々の生活習慣の違いなどがあり、一概にどれくらいかかるとはいえませんが
平均的には半年間ほどかかるようです。

 

長期にわたっての治療・通院が必要になる

通院は毎日ではなく、月に数回程度です。
進行の経過観察が行なわれ、効果がどれくらい表れているかを確認し、薬を処方されます。
いずれにしても薄毛は短期間で改善されるものではなく、長期にわたっての治療が必要になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加