MENU

帽子をかぶっている人は薄毛になりやすいのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加 
なぜ帽子を被ることで薄毛になりやすいと言われるのか

ニットやキャップ、帽子を被ることで頭が蒸れて、頭皮に悪影響を及ぼして薄毛になると思われているようです。
また、頭をしめつけることで頭皮の血行が悪くなることにより、髪が生えにくくなるとも言われています。

 

帽子を被ることが必ずしも薄毛につながるとはいえない

帽子はまちがった被りかたをすると薄毛を進行させる原因となり、正しく被れば薄毛を防止するメリットがあります。必ず薄毛を進行させるものではないといえます。

まちがった帽子の被りかたは薄毛を進行させる

頭を強くしめつける帽子は頭皮に悪影響

サイズの小さい帽子を被るなどして、頭を強くしめつけると、頭皮に血行不良が起こり血流が悪くなるため、
頭皮や髪の毛に栄養分が十分に運ばれなくなり、薄毛につながります。

 

帽子を被って頭が蒸れたまま放置しないこと

長時間帽子を被り続けると、頭が蒸らされることになります。
それによって雑菌が髪や頭皮に繁殖しやすくなります。
そのため、帽子を被った日は必ず頭を洗うようにしましょう。
雑菌を放置すれば、頭皮のかゆみや炎症を起こす原因となります。

 

帽子を被ることが薄毛対策につながる

帽子が頭皮を守ってくれる

夏の強い紫外線を直接頭皮に浴び続けると、頭皮の細胞が破壊され、発毛が不十分になったり、抜け毛が増える原因になります。
冬の乾燥した空気を頭皮に受け続けると、血流が悪くなり、髪に十分な栄養が送られなくなるため、育毛が不十分になります。
帽子を被ることで、それら頭皮のダメージが大きく軽減されて保護されることになります。

 

薄毛の人は帽子を正しく活用しよう

薄毛の人は夏の強い紫外線や冬の乾燥した空気に頭皮をさらすことで、ダメージを与えてしまうことになります。
それらを防止するために帽子をうまく活用しましょう。

 

夏の帽子の選び方

夏は帽子を被ることで強い紫外線から頭皮を守ることができます。
ただ、気温が高いため、頭が蒸れやすくなるため、通気性のいい帽子を選びましょう。
アウトドアハットやメッシュキャップなどがおすすめです。

 

冬の帽子の選び方

冬に帽子を被ることで、乾燥した空気から頭皮を守ることができ、また頭を暖めることで血液の循環を助け、頭皮の血行不良を防ぐはたらきがあります。
ウールやニットなど、保温性と保湿性に優れた帽子が適しています。

 

正しく選び、正しく被ることが大切

このように、帽子は季節に合わせて選び、まちがった被りかたをしなければメリットの大きいものだといえます。

このエントリーをはてなブックマークに追加